花粉症対策にはマスクは逆効果?

6171443_m
皆さんは花粉症大丈夫ですか?

花粉症などのアレルギー症状は
本来は私たちを守ってくれている

免疫機能が過剰に反応しておこります

たいして害の無い異物(ほこりや花粉)
にも異常に防御をしてしまい

くしゃみや涙、鼻水で体外へ
追いやろうとしているんですよ!

その過剰な免疫を押さえるのが
ステロイドなんです!

ですので、花粉症が辛くて
病院に行きますと、

お医者さんはステロイド薬を
出してくれ、大抵一発で治りますよ

良かったですね!

って、言ってあげたいですが、
治ったわけではありません。

免疫力を無くしているだけです。
バリヤーを消しているだけです。

細菌やウィルスのやりたい放題です!

でも、大丈夫ですよ~
今度は別の薬を出してくれますし、

熱があれば解熱剤、
頭が痛くなれば、痛みを伝達する
神経を麻痺させる頭痛薬、

それでもダメなら入院まで
させてもらえますから・・・

安心してください!

まして、花粉症のステロイド薬は
花粉症の時期は飲み続けます。

そうすることは、

体内で通常のステロイドの合成能力が
麻痺して機能しずらくなります。

通常、副腎、卵巣でのステロイド合成は
ミトコンドリア内で
酸素とコレステロールを反応させて
作られます。

ですので、十分な酸素を送り込むことで
ステロイド合成量が増え

免疫抑制力も上がり
花粉症も軽減すると言われているんです。

薬のように一粒飲んですぐ、
とは言えませんが・・・

「あれ?いつの間にか・・・ (笑)」
「あれ?今日は・・・・(笑)」

ですので、
酸素をたくさん取り込みましょう!

その為には大きく深呼吸です!

マスクばかりしてちゃ、
酸素は足りてませんよ~


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る