3分で肩こりを治すマッサージ方法

23222736_m

肩こりを治す方法はと言えば
お風呂やマッサージや湿布などが
思いつきますが・・・

 

この記事では

 

何時でも、何処ででも、何も使わずに
行えるセルフマッサージ法
書きますので、肩こりが辛い時に

 

思い出して行ってみて下さい

まず、肩こりはどうしてなるのでしょうか?

 

一般的には肩の筋肉が
同じ姿勢をとり続けることで
持続的緊張によって筋肉が固くなり
血液の流れが阻害され

 

筋肉に十分な栄養と酸素が供給されなくなって
痛みを伴う肩こりが生じると言われています。

 

ですので、血液の流れを
正常に戻してあげることが大切なのです

 

ではまず、あなたの肩のこり固まった
肩の筋肉の筋繊維をを藁に例えて
神社の「しめ縄」に例えてイメージして下さい
images (4)

 

 

 

 

 

一番太い箇所が肩の痛いところです

 

押してみるとカッチカチに固まって
とても解して藁をバラバラになんて出来ません

 

また無理に力ずくでバラそうとすれば
藁を傷つけてしまいます

筋肉を傷めてしまいます

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは固まった太い箇所をいくら
揉んだり、押したり、摘まんでみてもダメです。

 

一番端の左の先端から少しづつ
手のひらで押して前後に転がすように
マッサージして先端の藁がほぐれてから

徐々に太い箇所まで、もみほぐしていきます

 

そうすることで「しめ縄」を緩めることが
出来ます。

 

私たちの肩こりも同じです

 

直接、肩を揉むのではなく
反対側の手の平全体を使って

 

指1本1本、手のひら、手首
腕さき、肘、力こぶ、二の腕、肩と
ほぐしてから、

 

肩こりの痛い場所を「しめ縄」
太い箇所をほぐして下さい

 

その後に腕を垂らして
ブラブラさせたり

 

肩を前後に回すなどの
軽いストレッチを行い

 

一気に血液を流し込み
十分な酸素と栄養を肩の筋肉に
届けて下さい

 

ずいぶん楽になるはずです

 

片側が終わりましたら

鏡を見て見て下さい
左右の肩の高さの違いに気づくことでしょう

 

そして、同じように
今度は反対側です!

 

肩こりが辛い時は思い出して
行ってみて下さい。

 

 

PS

酸素カプセルは

こり固まって赤血球では届けられない酸素を

血液に直接溶け込んだ溶解型酸素を供給することで

肩こりや腰通にも効果が期待できます

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る